(一社)苫小牧歯科医師会 創立70周年記念講演

私が所属しております、(一社)苫小牧歯科医師会は今年創立70周年を迎えました。
10/13(土)に記念事業として、慰霊祭・講演会(公開講座)・記念式典・祝賀会が行われる予定です。
70周年記念講演会
このパンフレットの講演会(公開講座)は主に歯科関係者・医科関係者の方々が対象となる内容ですが、公開講座ですので一般の方にもお聞きいただけます。

表題は一般的な表現で言いますと、「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の方に投与されるビスフォスフォネート薬剤を投与されている方に起きることがあるあご骨の壊死」というところになります。
お口の中の外科処置のみならず、合わない入れ歯で粘膜に傷がついたところからや、歯周病の治療などでも発症することがあります。
最近では耳鼻科領域の骨に発症したという報告もなされています。
難治性な事から、歯科の臨床において、この薬剤を投与されている方が増加していることで色々と困惑する場面も増えてきています。

講師の別所先生は私の母校、東日本学園大学(現・北海道医療大学)歯学部を1期生として卒業され、2005年に医学部の名門・京都大学の医学部の口腔外科分野の教授になられた方です。

数年前、口腔インプラント学会の専門医教育講座という場で、この別所先生の講演を聞いたことがあります。内容は同じく骨吸収抑制剤投与患者に発症する顎骨壊死の内容でした。
一緒の会場で聞いていた苫小牧市内の先生と終了後に顔を合わせましたが、お互い、「凄すぎですね」という共通した感想を口にしました。
それまで同薬剤について聞いてきた話や専門書などよりも一歩掘り下げた研究・考察に接することが出来、さすがに京大医学部教授になられた方だと、心底感じたのでした。
Prof.Bessyo2
実はその数年前、平成21年に大学同窓会の懇親会場で偶然別所先生の隣の席になってお話しする機会がありました。(写真は良い記念になり大事にしています。)

多くの方々に当公開講座を聴いていただければ幸いです。
ご来場、お待ちしております。

ちなみに、今年は大町歯科は祖父が追分から苫小牧に移転開業して90周年の記念の年でもあります。
まずは100年を目指して日々真面目に診療しようと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 学会・研修会, 日記 | コメントをどうぞ

消火器

4月に入って、以前から気になっていた消火器を取り替えました。
消火器
数年前に年末の大掃除の時に、誤って倒して診療室がピンクの粉だらけになったことがあります。
倒して安全装置が外れただけだと思うのです。
でも、空になるまで噴射されてしまいました。
と言う事で、握っている間だけ噴射される消火器を選びました。
鉄ではなく、アルミ製のもので見た目も従来のものよりお洒落です。
価格もまとめ買いセットでリーズナブルでした。
これを使うことがないのが1番ですが、備えあれば憂い無しです。
皆さんの仕事場や御家庭の消火器設備は大丈夫でしょうか?

カテゴリー: 日記, 歯科医院の事 | コメントをどうぞ

王子製紙の200m煙突

王子製紙苫小牧工場の煙突ですが、高さは200メートルあります。
私が小学生の6年生の時に建てられたのは覚えていました。
当時としては、いや今でも道内では1番高い煙突なのかもしれません。

今年3月頃でしょうか?煙突の塗り替え工事がはじまりましたが、以前にも一度行われたように思っていました。
4月の21日に医院の駐車場から写真撮影したものです。
200m煙突1
下の方に写っている煙突も幼稚園の頃に建った様な気がします。
その前はもっともっと小さな白かグレーの煙突が3本並んで、その横に少し大きなオレンジと白の煙突がありました。
これらはいつの間にか無くなっていました。
写真に写っている小さい方の煙突は、確かに塗り替えが行われていた記憶があるので、200m煙突が塗り替えられたことがあると思い違いしていたようです。
200m煙突2
上部からワイヤーで吊した作業用のゴンドラ(緑色)から作業するようです。
200mの煙突ですので、上の方は煙突自体が結構揺れる構造になっていると聞いたことがあります。人間は一番上から突き出た細い煙突の部分より小さいはずなので、この煙突のスケールの大きさがわかります。200m煙突3
5/22には苫小牧民報にも記事としてでていました。
https://www.tomamin.co.jp/news/main/13863/
私が撮した時にグレーだった所は黒い色に塗り固められていますが、これはカーボン材料で補強しているらしいです。
200m煙突
(この写真は民報さんの記事から拝借<(_ _)>)

私が撮影したあとに、医院恒例の鯉のぼりも撮っておきました。
昨年は苫小牧民報さんが記事にしてくださいました。
鯉のぼり1
もう夏になろうとしていますが、まだ塗り替え作業は続いています。
塗っているのは、自分が小学校の時と高校の時の同期の友達が経営している会社です。
凄いものですね。
ゴンドラ部分はまた別な会社が担当しているとのこと。

44年ぶりの大改修。
次回の改修の時には、もう自分は生きていませんので、もう見ることが出来ない貴重な作業です。
皆さんも今のうちに眺めておいて下さい。
王子の向上とJRの線路の間の道路からみるとなかなか凄いです。

 

 

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

庭の野鳥

2年程前から、庭に来る野鳥を見るのが楽しみになっています。
餌を吊す「ペットボトル用バードフィーダー」というものがAmazonやホーマックで売っていてそれを使っています。

診療中、手を洗うところからも、カルテを書くデスクからも、自宅からも見えます。
一番来るのは「シジュウカラ」「ヒヨドリ」です。
他の野鳥とはちょっと違いますが「スズメ」
シジュウカラは鳴き声も、ひまわりの種を割って食べる仕草もなかなかのものです。
ヒヨドリは少し大型であまりかわいい鳥ではありません。

他にも頻度は少ないものの、「アカゲラ」「シメ」「ゴジュウカラ」「カワラヒラ」「うぐいす」「エゾビタキ?」「アオジ」「ツグミ」も目撃経験ありです。
今シーズンは「カワラヒラ」が「シジュウカラ」と同じくらい飛来しています。

寒い時期は自然界の餌が無いのでやってきます。
なので5月を越えると来なくなります。
北大研究林(演習林)あたりに行くと「ヤマガラ」「コガラ」「シマエナガ」などうちの庭には来ないような鳥も沢山いますので、たまに行って撮影するのが楽しみです。
「ペットボトル用バードフィーダー」お安くて簡単です。
皆さんも軒先なんかに吊してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 休日・出来事, 日記 | コメントをどうぞ

松浦武四郎 入門

今月初めの3月7日、苫小牧民報紙上でこんな記事を見つけました。
1
松浦武四郎。
江戸時代の末に、蝦夷地(北海道)を何度か調査に訪れた人で、苫小牧にも来ていると言う事は知っていましたが、詳しく本などで調べたことはありませんでした。
NHKの知恵泉でも見ました。
その松浦武四郎の本が発刊されるとのことで、早速予約することにしました。
2
ネットで調べると、こんな申込用紙が、、しかし調べていくとAmazonでも予約を受け付けていることがわかりましたので、Amazonで早速予約。
今日届きました。
3
一日仕事でしたので、まだぱらぱらめくった程度です。
蝦夷地探索には樺太と国後・択捉島を含めて6回も来ているようです。
3
苫小牧とその周辺も含めると5回も来ています。
5
トマコマイ(苫小牧)、ユウプツ(勇払)、コイトイ(小糸井)、タルマイ(樽前)、シラヲイ(白老)、ノポリペツ(登別)など、恐ろしく沢山の地名が書かれています。
支笏湖もありますが、その当方の湖らしき所は、これ、何なのでしょう?かなり大きいです。
後の北海道の開拓と発展に大きな発展に、松浦武四郎の探検が寄与したことは間違いないですね。
アイヌの方々とも打ち解けて話し合い信頼され探検をしたようです。
素晴らしい偉業です。
時間を作ってじっくり読んでみたいと思います。
当院の待合室に早速置きました。
6
7年前、「王子製紙と苫小牧の100年」と言う写真集を買って同じく待合室に置いてありますが、患者さんからは大変人気が高いですので、「松浦武四郎 入門」も読んで下さる方が多い予感です。
王子製紙は明治43年、一寒村であった苫小牧に東洋一の製紙工場として操業を開始したわけですが、工場と操業に必要な電力供給のための水力発電所を建設する場所の調査をした際には、過去の松浦武四郎の探検がやはり必要だったと思います。

王子製紙苫小牧工場は大町歯科のすぐ北側。南門まで歩いて2分程度です。
過去の偉業と王子製紙に感謝しています。

第4回特別展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎 —見る、集める、伝える—」

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ