歯と歯の神経(歯髄・しずい)を残す。

私たち歯科医の毎日は、う蝕や歯周疾患(歯肉炎・歯周炎)、歯の欠損などに対応する診療を行っています。

う蝕については初めてう蝕になった歯より、過去にう蝕になって治したけどまたなってしまった、「二次齲蝕(二次カリエス)」の治療の比率が高いと思います。

う蝕が深いと歯髄を取らないといけないのですが、歯髄を取ってしまうと歯の寿命は落ちてしまいます。
どういうことかと言いますと、生きている歯より神経の取った歯は割れやすいと言うことです。
(恥ずかしながら、自分も歯髄を取ってもらった・または自分で取った歯が2本割れてしまって、左上と左下の7番がありません。)

歯髄を取った歯には土台を立てて、その上に歯を被せますが、咬む力や何10㎏にもなりますので、土台がくさびの役目になってしまい割れることが多いのです。

う蝕にならないと歯髄を取ることは通常は無いです。

歯を抜くと、固定性のブリッジか取り外しの義歯かインプラント治療と言う事になりますが、残せる根は極力根の治療(根管治療)を行って残します。

残せないと判断した場合は、その旨ご説明して抜歯します。
見えやすいところは極力仮歯を作製します。

う蝕を取り残すと、二次齲蝕になりますので、う蝕検知液と言われる薬剤でう蝕になっているところを識別しながら、極力取り残しの内容に除去していくわけです。
(ドックベストセメントと言う、う蝕を残したままでもう蝕の中の細菌を殺してくれる作用を持つスグレモノの材料があり、大町歯科でも常備しておりますが、これは保険診療では認められていないので、ごくたまに希望の方に使うのみです。)

う蝕を除去して歯髄を残せる場合ですが、その部分を樹脂や土台用のセメント等で補修して型を取ります。
しかしながら、写真の様に前歯でここまで除去してしまうと、セメントなどで補修するだけではすぐに土台部分が折れたり、かぶせた冠が外れてしまいます。

そんなときには、生きている歯(歯髄がある歯)用のピンを使って補強して土台用の樹脂系の材料で土台を作ります。
これが無い場合、出来ない場合は歯髄を取る治療をして、土台を立ててと言う事になってしまいます。

適応があるのは本当にごくたまにですが、いざというときに利用します。この材料(ピン)は恐ろしく高価なのが難点です。が常備しています。

ということで、短いですが根の治療をきちんと出来て残す価値があると判断した根の写真とう蝕を取ってピンを打って土台を作り、形を整えて仮歯まで入れた写真を載せたいと思います。

仮歯の幅が隣の歯より広くなってかっこうが悪いので、次回隣の歯のう蝕を取って、こちらは充填(白い材料をつめる)で済みましたので、歯の幅を調整してから型を取りました。


治療についてご質問がある場合は、トップページの下にある問い合わせ
をクリックしてメールを送って頂くか、お電話頂けると幸いです。
相談電話

カテゴリー: 症例・治療例など | コメントをどうぞ

2017年は1月5日(木)からの診療となります。

本年も一年間多くの方に来院頂き、ありがとうございました。
おかげさまで、明日29日の午前中で今年の診療を終えます。

学会・研修会出席や歯科医師会の会務等のため、予約の変更をお願いしたりも多々あり、スタッフが募集をかけてもなかなか集まらず、在籍スタッフでできる限り頑張って参りました(現在も募集中です。どなたかいませんでしょうか?)が、少ない人数でこなしているために、待ち時間が多くなったり、予約がなかなか取れなかったりなどご不便をおかけしたことも多々あると思います。
2017年は1月5日の木曜から診療を致しますので、来年も大町歯科加藤医院をどうぞよろしくお願い致します。

今年の3月頃、市内にある「ガラス彫刻工房・クオリティーアートタクミ」の松山さんを知る機会があり、今回、大町歯科加藤医院のマークをグラスに彫刻して頂きました。
先ほど、受け取ってきたのですが、素晴らしいです。
と言う事で、皆さんにもみて頂きたくなり、受付に置いてみました。
大町歯科のコップを欲しい方などいないでしょうが、一応受注製作品とテプラ貼ってしまいました。


皆さんも記念のグラスなどを作っていただいてはいかがでしょうか?
http://qat-hokkaido.com/
クリックするとホームページが
https://www.facebook.com/Quality.Art.Takumi/
クリックするとFacebookのページが出てきます。

それでは、皆様、良き新年をお迎え下さい。

カテゴリー: 日記, 歯科医院の事 | コメントをどうぞ

第一待合室のパソコン

大町歯科の待合室には、以前からパソコンを設置しておりました。
予約制としておりますが、どうしても診療内容によってお待たせしてしまうことがあります。
診療室では3台診療台がありますので、その間を行ったり来たりもしなくてはなりません。
型を取る材料や歯を着けるセメントの硬化待ち時間もあります。
そんなことで、雑誌や本を診療室や待合室でも見れるようにしていますし、DVDなども視られるようにして、待つ時間をなるべく苦痛にならないように工夫しているつもりです。
さて以前からのパソコンはWindowsXPでした。
単独のネットワークにしていますので、ウイルス攻撃などがあってもそのパソコンだけがだめになりますので、このまま使っていても問題無いような気がしていました。
ディスプレーもEIZOという会社のもので、買ったときは高価なものでした。
しかし、時代の流れには勝てません。
(今までご苦労様)

と言うわけで、Windows10で横長画面のものになりました。
ちなみに今回のPC本体はメーカーは違いますが、スティックPCです。
従来の概念では信じられない小ささですね。

先日設置したのですが、頑張ってもインターネットにどうしてか繋がらない、、「調整中」と張り紙をしていました。
結局上手く行かないので、いつも医院のコンピューター関係の助言と手伝いをしてくれる友達の提案で、USBタイプのWi-Fi子機経由で接続することにしてめでたくネットに繋げることが出来ました。
パチパチパチ!

明日から来院される方々にご活用いただければと思います。

 

カテゴリー: 日記, 歯科医院の事 | コメントをどうぞ

北大演習林の野鳥たち

今日は午前診療で、午後は東京に研修会で行く予定でした。
しかし、所用で行けなくなってしまいましたので、午後時間が出来ました。

去年数種の野鳥が家の庭に来る様になってすっかり鳥好きになってしまっています。
待合室に写真を貼っていますが、ウグイスの撮影にも成功したりしました。
冬が近くなりここ数日、昨冬のように野鳥が来る様になってきたので、どこかに撮りに行ってみたいなと思いました。
そんなに時間に余裕が有るわけでは無いので、北大演習林かウトナイサンクチュアリに絞り、結局しばらく行ったことが無く近場の北大演習林にしました。

大学の先輩に雪の妖精と呼ばれる「シマエナガ」の存在を教えてもらい、満足行く様な写真ではありませんでしたが、王子製紙第一発電所で写真に捕らえていたので、ちゃんとした写真を撮りたいと思っていました。

さて実際行ってみると、鳴いています飛んでいます。
聞き覚えのある声もあり、ん?!と思うとやはりシマエナガでした。
シマエナガは家の庭では確認出来たことがありません。

庭に来た鳥の中で一番の好みは「ゴジュウカラ」でしたが、演習林にもいました。
7種類の鳥を撮すことが出来ましたが、何より数羽単位で飛び回ってる「シマエナガ」も見ることが出来たので大満足です。
近いし、冬でも行けそうな場所なので、時間があるときにまた行って見ようと思います。

 

 

カテゴリー: 休日・出来事, 日記 | コメントをどうぞ

エアタービン

私たち歯科医師は、歯科診療用のユニットと呼ばれる、診療台がなければほとんど仕事になりません。
皆さんが嫌いな(私も)切削器具は、主に圧搾空気で動いている「エアタービン」と呼ばれるものと、電気モーターで動いている「マイクロモーター」と呼ばれる2種類があります。

この回路のホースは以前は強化布製でしたが、近年はシリコンチューブが主流になっています。
理由は清掃性=清潔などの問題です。
タービンA1 タービンA2
しかしながら、布製の時代と比べてちぎれることが多く、以前は5年でも10年でも持ったものが、僅か1-2年でだめになることがあり、どうにも困ったものだなと思っていました。
(このブログの表紙の写真を見て頂くと、診療台の背板からタービンやマイクロモーターが出ている様子がわかります。使うたびにここから引き出すので、ジョイントとホースのつなぎ目部分にどうしても力がかかるのです。)

布製のものも、大町のユニットのものは抗菌性の材料を繊維に加える処理をしたホースでしたので、個人的にはこちらの方が良いと思っていました。
この写真のものは、ユニットを買ったときからシリコンホースでしたが、2年程前に交換したのです。そうしたらまた、ご覧の通りちぎれてもいないのにジョイントから外れてきています。
保護カバーチューブは汚れてかえって不潔です。
前回この保護カバーチューブを切って外したら、しばらく経って光照射用の線が断線してしまい、タービンホースを交換してもらいました。
それで、また同じ状態。。

後でご紹介しますが、買ったときには布製の抗菌加工強化布製チューブで10年以上持って、その後シリコンに替えたものはやはり2-3年でもっとひどい状態になりました。

どうしたもんだかと思っていたときに、熱収縮のチューブが売っているよなと思い、先日Amazonを探して見たところ、ありましたありました。
ジョイントにぴったりの直径15ミリのものがあるのです。
早速購入して今日午前中診療だったので終わってから作業してみました。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B009IIOO1G/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
今見ると早速売り切れになっています。(すぐに買って良かった、、)

あとは、こちらのビニールテープです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B007Q62BXK/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
普通のビニールテープでも良かったんでしょうけど、耐熱・耐寒・難燃と書いてあるので、注文してしまいました。
両方で1.073円也
このまま使っていてまた断線したら、出張費を加えると5万円以上の出費になりますし、部品の欠品などで来てもらえるまで時間がかかると、診療が出来ないと言う事にもなりかねません。

タービンA3
さて、汚れた保護カバーチューブは切って除去して、ホースの汚れを清掃して消毒しました。
タービンA4
次に収縮チューブを切って通します。
後は熱ですが、ドライヤーでいけると思ったらダメでした。
あとはお湯ですが、試しにやってみると熱湯で収縮を確認。収縮チューブ
こんなに収縮しました。
これは行けると確信!
タービン5
見事に収縮しました。
業者さんみたいです(笑)

さてこれで気をよくしたので、もう一台のユニットの方もやってみることにしました。
タービンNew
これは数日前に新品に取り替えてもらったものです。
当然、布チューブを選びました。

だめな方は廃棄かと思いましたが、まだ何とか使えると言うことで、タービン回路を1回路増やすことにしました。
ビニールテープぐるぐる巻きでしたが、どうにもすぐにジョイント後部から断線しそうだし、見た目もひどくイマイチなので考えて、熱収縮チューブ+Amazonを思い立った訳です。

タービンB1
ビニールテープを全部除去して、残ったテープの糊を全部除去清掃した状態です。
ホースはもうこの長さで先日切断していました。

タービンB2
あらためて、今回買ったビニールテープを丁寧に巻いて、その上に収縮チューブを切って通しました。

タービンB3/New
それで熱湯処理処理です。
くびれと曲がりはどうやってもしょうがないのでご愛敬です。
しかししっかり密封され、全く問題無く使えるようになりました。
2本の下は先日交換して頂いた新品です。
わずか1000円ほどの支出でめでたしめでたし。
Amazonは本当に助かります。

タービンとマイクロモーター
タービンとマイクロモーターです。
昔はニクロム電球でしたが、最近はLED電球になりめちゃくちゃ明るく、治療がしやすくなりました。
月曜からまた診療頑張ります。

カテゴリー: 日記, 歯科医院の事, 診療機器(歯科用CT)など | コメントをどうぞ